Delta ToolingDelta ToolingDelta ToolingDelta ToolingDelta ToolingDelta ToolingDelta ToolingDelta ToolingDelta Tooling

PDFDelta Toolingで活躍するVISI 5軸加工

Vero SoftwareのCAD/CAMシステムVISIは、現在市場で販売されている製品の中で最も先進的な義手を開発している精密機器メーカーを支援して来ました。

Delta Tooling (Horsham) Ltdは、2年前に義手メーカーRSLSteeperからbebionic3義手製造の支援を打診されました。その機器は腕を切断した人々の生活を変え、日常生活における彼らの自立と自由度を再び取り戻す手助けをするための機器です。

“VISIのサポートチームが出来るだけ迅速に対応し、我々を失望させない事が重要でしたが、彼らがこの業界や我々の製造に関する要求を理解しているのは明らかでした。"

bebionic3は、プログラムされた14個のグリップの1個だけを引く最先端技術を採用し、完璧に人間の動作を再現しています。RSLSteeperから依頼された仕事を何年もこなした結果、とうとう誰も真似出来ない様な多用性、機能性、性能を兼ね備えたbebionic3義手の設計に成功し、ユーザーはコンピューターキーボードを使う、靴ひもを結ぶ、野菜を切り刻むなどの日常生活を送れる程になりました。

West SussexのBillingshurstで作業を行っているDelta Toolingは、現在アルミ製指関節とそれに接続するプラスティック製区分け部品、そして親指を前後に回転し移動させるための複雑な親指ブラケットを含む義手5部品を製造しています。

RSLSteeperは最初、Delta Toolingの取締役Gary ChildsとLuke Tetlowに対して、金型から取り出すために一部だけ加工が必要だった樹脂成形品に関して話を持ち掛けました。“最初は部品を鋳造あるいは成形して、組立と試験の前に仕上げ加工を行う方法を検討していましたが、その後徐々に品質の改善と一貫性を維持するために全て加工で対応しようという考えに変わって行きました。”とGary Childは言います。“VISI Machiningを最大限利用する事で、ビレットの塊から部品を加工するだけではなく、競争力のある時間でそれらを生産する方策を築きました。”

最初に行った3+2軸加工はVISIで効率的な加工データを作成し、Delta Toolingが保有するDMGとBridgeportsを使って加工を行いました。しかし部品が複雑になるに連れて、Delta Toolingには同時5軸加工による柔軟な加工方法が必要な事が明らかになりました。“我々はAgieCharmilles Mikron UCP 800 Duroを購入し、また加工用ソフトウェアを最新のVISI 5軸加工モジュール(VISI 20)に更新しました。これにより、より短く剛性の高い工具を使うことで仕上げ品質が向上し、かつ加工時間が短くなったので、その結果段取りが簡素化され、費用効率の高い生産工程が実現しました。”

5軸加工はbebionic3製品加工には理想的です。VISIにより加工のためのモデル準備、そしてより複雑度を増す部品の加工に必要な効率的な工具軌跡を作成出来るので、Delta Toolingの作業担当者は生産性の高いソリューションを手に入れる事が出来ました。

顧客から提供されるCADデータの形式が何であれ、それがSTEP、IGESまたはParasolidファイルであろうとも、簡単にVISIに取り込む事が出来ます。“我々は、工作機械の観点から部品が正しく加工出来るようにするため、部品配置を行う前に完全性を保証するためにファイルに関する様々な確認を行います。その後、部品の可削性を評価します。この工程にとって、Delta ToolingはVISI Machiningの干渉チェック機能と機械シミュレーションが非常に役立つ事を見出しました。“新しい5軸加工機に投資した後、最後にやりたかった事は干渉チェックです。我々は、工作機械を稼働させる前に、機械シミュレーションを常用しています。”

Gary Childsは言います。彼らにとって大きな飛躍を意味するVISI 20の新機能「ダイナミック増分ストック(DIS)機能」を使うと、直前の工具軌跡で削り残った部分から自動的にストックモデルを作成し、次の切削工程の参照データとして有効利用する事が出来ます。DISは工具軌跡を自動でトリミングし、不必要な工具動作やエアカットを取り除きます。“DISにより、部品を一方向から荒取加工出来ます。その後、部品を裏返し再度荒取加工を行いますが、エアカットは生じません。このお蔭で、加工サイクルタイムはさらに短縮され、効率性が増大しました。”

業務の根幹はモールド金型とプレス金型製作ですが、Deltaは部品加工まで活動分野を広げ、F1の基幹部品や人工衛星用導波部品を通じて技術に磨きを掛けました。“保有している5軸加工機とVISI統合CAD/CAMシステムの組み合わせにより、特に自動車スポーツ業界の顧客の要求に素早く対応することができます。”とGary Childsは言います。“この理由により、VISIサポートチームが素早く対応し、我々を落胆させないことが非常に重要です。しかし、彼らが我々の業界と製造に関する要求を理解していることは明らかです。”

Mikronは、午前8時から次の日の午前2時まで2交代制で常時稼働を続け、RSLSteeperからの毎月の注文に対する製造と、Delta Toolingの自動車スポーツ顧客のための別の製品部品の加工を行っています。

“我々は、極めて短い納期で複雑な部品を製作する技術で確固たる評判を確立し、多くの顧客と何年にも渡り取引を続けて来ました。VISIのお蔭で、我々は既に3軸加工市場で会社の存在感を確固たるものにしましたが、今回の新しいMikron5軸加工機とVISI 5軸加工モジュールの組み合わせにより、当社はさらに効果的かつ競争力のある会社になりました。”

bebionic3は9月に米国で公開され、続いて11月に英国ロンドンにてお披露目されました。この発表会を見て、Delta Toolingが患者の生活を改善するというRSLSteeperのビジョンに沿って、VISIを使ってRSLSteeperのデザインを革新し、かつDelta Tooling自身の経験が今後とも製品の発展と製造に寄与して行くだろうと思われました。

 

ユーザー情報:

会社名: Delta Tooling
業容: 2次元加工、3次元加工、多軸CNC加工

 

導入効果:

  • 完全同時5軸加工により、より短く剛性の高い工具の使用が可能となり、段取りの数が減少
  • 干渉チェック機能と機構シミュレーションを使った信頼性の高いNCデータ作成
  • Delta Toolingの業界と製造に関する要求を理解しているVISIサポートチーム
 

コメント:

"VISIのサポートチームが出来るだけ迅速に対応し、我々を失望させない事が重要でしたが、彼らがこの業界や我々の製造に関する要求を理解しているのは明らかでした。”

Gary Childs
技術取締役

 

前へ  |  次へ