VISI with Fondex SA VISI with Fondex SA

PDFFondex SAとVISI

FONDEX SAは、フランスアルプス地方のTechnical Valleyと呼ばれる地域のClusesにあります。Fondexは、製品製造工程、スタンピング、深絞り、加工、生産、組み立てのプロジェクトと資源に関する顧客への提案で、50年以上の経験を持っています。

Fondexは、これまで常に顧客満足を目指して業務を行って来ました。2000年、設計部門に3次元金型設計が大幅に導入され始めた頃、深絞りとスタンピングに関する彼らのノウハウを十分に活用するためのデータ変換支援ツールを探していました。

"我々はVISIを使って金型を作製するだけでなく、加工、金型、現場に必要な全てのデータを供給します。これは幅広い能力を必要とする難しい仕事ではありますが、VISIは日常的にこの課題を解決してくれます。”

技術設計主任 Jean-Yves Betend

技術設計主任Jean-Yves BETENDは説明します。“一般的に、我々の顧客は自動車会社の一次下請けで、電子コネクターや生産財の製造に関わっています。彼らは、部品解析と部品製造のための金型定義に関する我々の能力を頼ってやって来ます。3次元データ管理にVISIを使う事で、我々は大変精度の高いソリューションを見出す事が出来ます。部品を視覚化する事で、潜在的な問題点を容易に見つけ出す事が出来ます。我々はこの情報を持って直接顧客の所に出向き、どのように問題を解決するか議論をします。

最終的には、我々はさらに迅速に市場の要求に応える事が出来ると思っています。我々は図面を無くす事で設計時間を60%短縮しました。また、部品の正味重量を自動計算し、荒加工用ストックの総重量を決定し、平面展開図を作成し、ブランクを定義し、そして、この情報を使用してツーリング・ステーション間のバンド幅とピッチを決定する事が出来ます。”

会社ノウハウの組み込みを慎重に調査
Fondexはこの分野での専門家で、自動化と柔軟性を合わせ持ち、かつ部品製造のための最良の工程計画を決定出来る自由度の高いソフトウェアを探していました。多くのソフトウェア・デモンストレーションと3つの個別のサプライヤー・ベンチマークテストを経て、3次元順送プレス金型設計用ソフトウェアVISI Progressの購入を決定しました。Jean-Yves BETENDは強調します。“ノウハウは我々の強みです。我々は、自動平面展開機能を使って時間を削減出来た事を本当にありがたく思っています。しかし、部品構築に必要なステーションの数を決めるためには、我々が機能全体を完全に掌握する事が必要不可欠です。”

Fondexは1種類のソフトウェア製品だけを使用する事を検討していました。そして、Fondexは順送プレス金型アプリケーションがVISIに完全に統合され、3次元モデルから直接金型設計やストリップレイアウト設計が行える環境に感銘を受けました。最終的には、如何に日々の業務を容易に管理出来るかはソフトウェアの能力に掛かっており、それが正にVISIに有利に働きました。

“我々は、Veroが部品の展開、曲げ、絞り、及びブランク評価に取り組むためのチームと製品の両方を持っている事がわかりました。”とBETENDは明言します。“今使っているソフトウェアが完成された製品である事を知っているので安心出来ますが、同じ位重要なのはソフトウェアを学習して行く間に受ける質の高い技術サポーです。簡単に道に迷わないようにするためです。”

Fondexは顧客に対して、海外サービスと金型設計事務所を利用した緊密な協業環境を提供しています。個々の顧客プロジェクト毎に専任の管理要員を設け、金型作製、調達と機械操作、そして最終的に初期製品サンプルのプレゼンテーションまでを行います。注文が来た時は、我々はVISIを使って金型を作製するだけでなく、加工、金型、現場に必要な全てのデータを供給します。これは幅広い能力を必要とする難しい仕事ではありますが、VISIは日常的にこの課題を解決してくれます。

 

ユーザー情報:

会社名: Fondex SA

Webwww.fondex-sa.com

 

導入効果:

  • 設計時間を最大60%短縮
  • 統合CAD/CAMシステムでデータ変換の問題を解消
  • 質の高い技術サポート
 
コメント:
 

"我々はVISIを使って金型を作製するだけでなく、加工、金型、現場に必要な全てのデータを供給します。これは幅広い能力を必要とする難しい仕事ではありますが、VISIは日常的にこの課題を解決してくれます。”

Jean-Yves Betend
技術設計主任

 

前へ  |  次へ