VISI with J&M MoldVISI with J&M Mold

PDFJ&M MoldとVISI

J&M Mold(オハイオ州Fairport Harbour)は、樹脂、アルミ、亜鉛を使った精密金型メーカーです。オーナーのDavid Martinは機械技師で、彼は13歳の時からダイキャスト業界で働いて来ました。彼は7年前に事業を始めて以来、Vero社が開発したVISIソフトウェアを使い続けて来ました。

彼は、より早くより効率的なモールドアセンブリーを実現するための最新技術と新しい戦略に合わせて、業界の課題に取り組んで行く、と言っています。“例えば、我々はVISI Flowソフトウェアを正確で素早いモールド金型設計のために、そしてVISI Machiningを鉄の切削と高送り切削のために使用しています。最初から正しい部品を作成する事が大変重要です。これにより我々の顧客を満足させ、その結果再度注文を取る事が出来るようになるのです。”とMartinは言います。

" VISI Flowは、工作機械が金型を加工するのと同様に便利です。樹脂流動解析で顧客の時間と費用を節約します。"

オーナー
David Martin

効率的な思考や製造を目指す生徒として、Martinはある理論をVISIの使用方法に取り込みました。彼はこう説明します。“VISIソフトウェアは、連続的なメニュー選択の流れによる効率的な製造を目指して設計されていると思われます。全ての操作は1つのソフトウェア・パッケージ内に納められています。VISIは金型メーカーを念頭に置いて設計されたCADシステムです。”

Martin曰く、アルミモールドの設計は鉄鋼に比べ一般的な物になってきています。Martinは、事業を始めて以来ずっとアルミ一筋でやって来ましたが。“我々は、アルミのプロトタイプと短期生産金型を開発するためにVISIを使用します。我々は、VISIを使ってより多くの部品を作成出来るようになりました。”とMartinは語ります。その結果、アルミはこれまでRockwell 20-32のモールド金型を作成するのに使用されて来たP20鉄鋼を置き換えつつあります。アルミモールドは、研磨剤入り樹脂または腐食剤入り樹脂が注入されない限り、長い間使用する事が出来ます。

“何千回の試し打ちに耐え短期生産が可能なアルミ金型が作れるのに、何故P20金型を作るのか?”とMartinは尋ねます。彼は注意喚起します。アルミモールドには、部品材質や成形工程が適切である必要があるからです。“薄壁のような詳細部分の影響で、アルミモールドでどんな部品でも成形して良い訳ではありません。構造的にアルミは鉄鋼ほど強度が高くないので、そのような部品はアルミモールドではうまく行きません。”

しかし、Martinはこの問題に対する対応策を見出しました。“我々は、鉄製のシャットオフまたはスライドをアルミモールド金型の中に挿入します。我々はこれをハイブリッドアルミ金型と呼び、VISIでこのような戦略的な金型設計を行っています。モールド金型の重要で小さな部品は鉄で作り、他の部分はアルミで作ります。”と、Martinは言います。

アルミの加工費用は左程高くなく、またアルミを使用する金型設計はJ&M Mouldの顧客にとって費用がそんなに掛かりません。VISIを使って、Martinは2日掛けて鉄のプレートを加工しました。一方、同じプレートをアルミで設計し加工するのには6時間しか掛かりませんでした。多くの顧客は鉄の代わりにアルミを使用してモールド金型設計を行う事で費用を節約出来る事に気付きました。彼はこの事実に対して嬉しい驚きを隠せなかった、と言います。加えて、アルミ金型の出荷は鉄製の金型に比べ、少なくとも50パーセント早くなりました。“我々は、少なくとも1週間にアルミ金型を1つ作製する事が出来ます。間違いが起きる余地はありません。最初から正確な金型設計を行うために、我々はVISI Analysisを使用しています。”と、Martinは語ります。

VISIを使用する前に、Martinは名の通っている汎用CADパッケージのデモ版をダウンロードしました。“その何れもが、VISIのユーザーインターフェースには敵いませんでした。他システムと違ってVISIはパラメトリックCADではないので、ツリー構造アイコンと格闘する必要はありません。その代り、VISIは特定作業に特化した機能を提供しています。私にとっては、その方が本当にやりたい事が出来るのです。

“SolidWorksを使用している私達の顧客のほとんどは、私に対して部品のブレンド作成やメッシュ作成のような作業に大変苦労していると言っています。しかし、VISIを使えばこのような操作に関する問題や不安は起きません。”と、Martinは付け加えます。

彼は、VISI Machiningパッケージの特に削り残り加工やペンシル加工も大好きです。Martinは、これらの加工方法なしには複雑なブロックの荒取加工は出来ない、と言います。“加工に関して考慮すべき大切な点は、使い易さ、プログラム時間、CNC上での実行時間、仕上げ品質、そして費用です。VISIはこれらの全てにおいて競合に勝っています。”と、オハイヨ州のVISI代理店Compass Technologies社長Al Footeは語ります。

Martinは、樹脂流動解析にVISIは不可欠であると言います。“顧客は、解析が個々のそして全てのプロジェクトにとって価値がある事を理解しています。彼らは、解析に費用が掛かっても、解析を行わないモールド金型設計に比べ、結局金型設計の時間と費用削減に効果がある事を理解するようになったからです。VISI Flowは、工作機械が金型を加工するのと同様に便利です。”

最近、医療装置関連の顧客がJ&M Mouldに接触して来ました。中国で設計され組み立てが行われるモールド金型は、市場で欠陥品を生み出していました。2日間掛けて、MartinはVISI Flowでモールド金型のゲートシステムを再設計しました。“顧客及びVISI Flowと共に仕事をする事で、我々は部品の最適ゲート位置を見出しました。私は最適であろうと思われる位置にゲートを移動し、そしてVISI Flowを使ってそれを確認しました。それに加え、我々はVISI Mouldを使って部品設計の機構的完成度を高め、当初中国で設計されたモールド金型を部分的に補強しました。我々は金型を設計して組み立て、そして出荷しました。そのモールド金型を使って成形する事で、品質の高い部品を生産する事が出来ました。”と、Martinは言います。

MartinはVISIの使い方を自習しました。彼は、樹脂のプロトタイプを作成するためにVISI 3D Machiningを使い始めました。1週間、彼は部品を作り続けました。3か月後、彼は金型全てを設計し構築する能力が完全に身に付きました。今日、彼と彼のスタッフは複雑なモールド金型を月に2つ構築する事が出来ます。

 

ユーザー情報:

会社名: J&M Mold

Web: www.jandmmold.com

 

導入効果:

  • 正確なモールド金型をより短期間で設計製造
  • 部品を最初から正しく作成する事で、時間を節約して顧客満足を実現
  • 容易なプロトタイプ開発と短期生産金型
  • 他システムより使い易く、直観的なインターフェースで使い勝手が向上
  • 短期間で生産性が向上し、投資を短期間で回収
 

コメント:

" VISI Flowは、工作機械が金型を加工するのと同様に便利です。樹脂流動解析で顧客の時間と費用を節約します。"

オーナー
David Martin

 

前へ  |  次へ