Maschinen & Formenbau Leinetal MFL GmbHMaschinen & Formenbau Leinetal MFL GmbHMaschinen & Formenbau Leinetal MFL GmbHMaschinen & Formenbau Leinetal MFL GmbHMaschinen & Formenbau Leinetal MFL GmbHMaschinen & Formenbau Leinetal MFL GmbHMaschinen & Formenbau Leinetal MFL GmbH

VISIでヘルメットのモールド金型作成を加速PDF

一体型のヘルメット樹脂部品を、革新的で高精度かつ安定した4つの射出成形部品で置き換える必要が生じた時に、VISIは重要な役割を演じました。
 
部品をより軽くしてユニット費用を削減するために、後工程の組み立て作業も含め生産を極力自動化する必要がありました。ヘルメットに一番求められたのは、快適性を改善し安全性を高める事でしたが、その課題はヘルメットの内側に装着する取り外し可能なバーザーにより解決されました。ヘルメット部品用モールド金型は、ドイツのNeuistadt am Rübenbergeに拠点を置くMaschinen- & Formenbau Leinetal MFL GmbHにより設計製造されました。

"VISIは正に金型設計のために開発されたシステムで、市場でVISIに勝るものはありません。"

経営責任者 Mario Kioscha

設計主任Thomas Prauseが3ヶ月以上に渡り顧客と密に協力してVISIで金型を設計し、試作品を作成した後、専門知識を駆使してさらに多くの改善を実施しました。
     
最近までそれは一体型樹脂部品として製造されて来ましたが、現在それは高い精度と安定した寸法を目指して4つの部品から構成されています。射出成形部品の組み立て工程にも革新が起きています。現在超音波を使って組み立てを自動で完了し、その強度を著しく高める事が出来るのです。この技術は、熱を使用して熱可塑性部品を接合する技術です。ホーン(horn)と呼ばれる接合金型は、圧力を掛けながら樹脂部品に接触します。超音波が照射されると、エネルギーが部品を通してジョイントまで伝播し、溶けて両方の部品の表面で流れるまで樹脂を熱します。溶融物質が凝固し、2つの部品が1つに合体するまで部品上に圧力を掛け続けます。

経営責任者Mario Kioschaは、VISIは現在モールド金型の設計と製造を行うために使用している唯一のソフトウェアである、と言います。“普通は、新しいシステムを導入運用するのは難しいものがあります。同時に、日々の業務を続けなければならないからです。しかしVISIはうまく行きました。何故なら、パラメトリックに対応するための煩雑な作業が必要なかったからです。”

MFLの顧客はヘルメット設計に異なるシステムを使用していますが、彼らはVISIの処理速度と機能に驚いていた、とThomas Prauseは言っています。また彼は、MFL内ではその差は歴然としていると言っています。“記録されている工程の再計算を行い、そしてデータは以前のシステムとVISIを直接比較するために使用しました。その結果、プロジェクト全体を完了するために要する時間は、3分の2に短縮されました。

“時間を節約出来たかどうかは、変更を行った時に最も明らかになります。完全なパラメトリック・システムに比べ、VISIは約2倍の速さになりました。VISIの場合は、ツリー構造のエラーや安定性に関する懸念なしに、部品を細分化し再構築する事が出来ます。”

MFLは、以前のシステムが設計者の変更要求を考慮していなかった事を知っていました。“完全なパラメトリック・システムを使用するのは不可能でした。我々は、品質をないがしろにする事無く容易にパラメトリックが使用出来るシステムが必要でした。”彼らは機械加工技術オープンデイでVISIのデモンストレーションを見て、ドイツのVISI代理店MECADATに6週間の試用版の貸出を依頼し、トレーニングを受けました。

VISI導入を決定した後端末の数は5台となり、そしてVISIモジュールをさらに追加した、とThomas Prauseは言います。“旧式のワイヤ放電システムはVISI PEPS Wireで置き換え、CAMソフトウェアも段階的に置き換えました。そして我々は最近5軸加工機を導入し、VISI Machining 5-Axisと共に使用しています。”

Mario Kioschaは言います。“顧客が我々に接触して来た場合は、我々は早い段階から樹脂技術の観点から製品を検証するので、起こり得るどんな問題も事前に対処出来ます。この工程でVISIは不可欠なのです。

“我々の目的は、顧客に試作金型を短納期で供給する事です。この目的のためにVISIは非常に重要な役割を担います。システムをVISIに替えて直ぐに元が取れました。6名の従業員はトレーニングを受けてたった3か月後には時間が改善され、そして6か月後には財務状況が大幅に改善されました。”
 
VISIは既に驚くべき速さで動作していますが、最近の64ビット対応でさらに早くなりました。彼はVISIは非常に柔軟であるとも言います。“顧客には幅広い設定機能が用意されています。彼らは他のCADシステムからデータを取り込む事もあるでしょう。レイヤーに関する特定の要望もあるでしょう。または、2次元データだけが欲しいかもしれません。一方他の人は特定の標準に準拠した図面が重要かもしれません。MFLの設計者はこれら全ての要求に効果的に答える必要があります。そして金型設計変更には素早く対応する事が肝要です。VISIは正に金型設計のために開発されたシステムで、市場でVISIに勝るものはありません。”

 

ユーザー情報:

会社名:  Maschinen & Formenbau Leinetal MFL GmbH

Web:  www.mfl-leinetal.com

 

導入効果:

  • VISIで作業すれば、完全パラメトリック・システムに比べほぼ2倍の速さ
  • プロジェクトに掛かる時間はたった3か月後には改善され、そして6か月後には財務状況が大幅に改善
  • VISIは3次元設計、ワイヤ加工、多軸加工全てを行う完全統合CAD/CAMシステム
 

                                                       

前へ  |  次へ