Press ahead with software automation Press ahead with software automation Press ahead with software automation Press ahead with software automation

PDFVISIでプレス製作を自動化

アジアと東ヨーロッパ市場に対して競争力を維持するための必要性が、金属スタンピング部品、試作品、プレス金型製造を手掛けるIrish Pressingsに、彼らの作業工程全体を見直すきっかけを与えました。

2005年DeclanとBrendan Ward兄弟によって設立され、Gweedore, Co. Donegalを拠点とするIrish Pressingsは、長年Ford、GM、トヨタ、BMWなどの大企業と協業し、自動車業界において研究開発、金型製造、プロジェクト管理における30年以上の経験があります。

"VISIを導入する前は、組み立ても含めて大型の金型作製に8週間から10週間程度掛かっていました。VISIを使って設計した最初の金型は、4週間以内に完成し承認されました。VISIが我々の競争力を高めたのは疑いの余地がありません。”

経営責任者 Declan Ward

“我々の目的の1つは、品質を低下させる事なく全てのプロジェクトのライフサイクル時間を改善する事でした。全ての金型は社内で設計され、組み立てが行われます。これにより全てを自分達で管理し、顧客の要求に素早く対応する事が出来ます。”と、経営責任者であるDeclan Wardは語ります。

最近行った金型部門拡張のための投資により、Bridgeport VMC 1000, HAAS (VOFE)マシニングセンター、Fanuc Alpha EDMマシン、ABBプラズマロボット溶接機を導入しました。“金型部門は大変効率的になりました。”と、Declanは明言します。“しかし、我々は設計部門も刷新する必要がありました。何故なら、金型部門の増え続ける要求に付いて行く事が出来なかったからです。”

これまでは異なるCADシステムとCAMシステムを併用していましたが、Irish Pressingsは金型業務により相応しく、かつ繰り返し作業を自動化出来るソフトウェアの調査を決めました。幅広い調査とベンチマークテストを行った結果、Irish PressingsはVero Softwareが開発したVISI ProgressとVISI Machiningを選定しました。VISI Progressは3次元順送金型を設計する専用アプリケーションで、中立面定義と板金の段階的展開が可能です。一旦ストリップ設計が完了すれば、せん断と曲げ工程のシミュレーションを行って金型機能を検証する事が出来ます。3次元金型設計はソリッドとサーフェスの両方を使う事が可能で、またプレートを自動加工するために全ての穴のクリアランスとCAM属性を合わせ持つ標準部品ライブラリーを利用する事が出来ます。

“以前使用していたCADとCAMのシステムは余りに汎用的で、金型設計にとっては厄介なシステムでした。”と、Irish Pressings設計主任Damien Boyleは説明します。“複雑な金型の構築にはどうしても間違いが入り込むので、我々は頭を悩ませていました。設計の間違いのために金型からプレートを取り除く場合は、プレート自体を作成するのと同じ位時間が掛かります。”

VISIの利点は、最初の金型設計で使用するだけで直ぐにわかりました。金型は、自動車サスペンション部品用3ステージ金型でした。“我々はたった30分以内に3次元ストリップを作成し、表示出来ました。”と、Damienは説明します。“金型を3次元で見る事が出来るので非常に助かり、頭の中で2次元図面を紐解いて行く煩雑な作業が不要になりました。ソフトウェアが柔軟に出来ているので、パンチを単にストリップ・レイアウト上にドラッグ・アンド・ドロップするだけで、金型の効率性を視覚的に確認する事が可能になりました。”

金型部門においてプレートを自動加工するためにMFR(加工フィーチャー認識)を使用した所、劇的に時間が短縮されました。“我々は詳細図面を提供する代わりに3次元モデルを提供し、CAMシステムは穴あけフィーチャーを自動で検出します。最初の金型で検証した結果、加工データ作成時間は60%以上削減されました。マルチステージ金型の加工には、これまで6週間から8週間程度掛かっていましたが、VISIを使えばそれが2週間以内に短縮されました。”と、製品マネージャーBrendan Wardは説明します。

最初にIrishの代理店Elon Designsが、その後Veroが直接行った6日間に渡るVISIの基本及び応用トレーニングは、Irishの設計者にとっては十分なものでした。“最初のトレーニングの後、既に設計者は充分VISIを使い熟せるようになっていました”と、Brendanは自信を持って言います。“我々はまだVISIを勉強している段階ですが、Veroのサポートは文句の付けようがありません。もし二進も三進も行かなくなったら、VeroのエンジニアがWebexを使って素早く我々のシステムを診断し、問題をどう解決すれば良いかを教えてくれます。”

最近作製したほぼ同じ大きさで似た様な複雑さを持つBMW向け金型と比較して、Declanは語ります。“VISIを導入する前は、組み立ても含めて大型の金型作製に8週間から10週間程度掛かっていました。VISIを使って設計した最初の金型は、4週間以内に完成し承認されました。VISIが我々の競争力を高めたのは疑いの余地がありません。”

VISIを最初に導入して以来、Irish Pressingsは増え続ける作業量と要求に対応するために、設計用ライセンスを追加し、また新たに金型設計者と見習いを雇いました。

ソフトウェアによる自動化により革新的で将来を見通す会社である事を示したIrish Pressingsは、地域産業の環境に配慮するために高効率HERLT木材燃焼ボイラーを設置しました。ボイラーの燃料には木材の廃材を使用し、効率的に建物に熱とお湯を供給します。その結果、暖房費用は75%以上削減され、Irish Pressingsは木材パレットの廃棄費用を引き続き節約しています。

 

ユーザー情報:

会社名: Irish Pressings

Webwww.irishpressings.com

 

導入効果:

  • 金型設計向け専用CAD機能
  • 加工データ作成時間を60%以上削減
  • 平均金型生産ライフサイクルを50%以上削減
 
コメント:
 

"VISIを導入する前は、組み立ても含めて大型の金型作製に8週間から10週間程度掛かっていました。VISIを使って設計した最初の金型は、4週間以内に完成し承認されました。VISIが我々の競争力を高めたのは疑いの余地がありません。”

Declan Ward
経営責任者

 

前へ  |  次へ