VISI with Model Project VISI with Model Project VISI with Model Project

PDFModel Project社とVISI

半分はプラスティックのゴミ箱、そして一組の車輪とクッション、プロジェクトの始まりは初歩的なものであったが、今では国際特許申請。

何年か前に、アオスタ渓谷の草の生えた傾斜部を若い女性が改造したゴミ箱で滑り降りるのを見た時、Model Project社のMarco Narettoはスキーリゾート地で夏の間使用出来る草地用ボブスレーのアイデアを思い付きました。

"1つのシステム内に全てのデータを保持する事により、データ損失の危険性を取り除き、製品の短期間での市場投入を可能にします。"

Marco Naretto, Owner

イタリアScarmagnoに本拠を置くModel Project社は、VISI DesignとVISI Modellingを使用して最初の試作品を開発しました。製品となったボブスレーは、堅固なプラスティックボディー、ポリエチレンの車輪、亜鉛メッキされた鉄製の安全なブレーキから出来ています。このブレーキにより、運転手がボブスレーから落ちた時には、ボブスレーは即座に止まるようになっています。

Marco Narettoは説明します。「ブレーキの設計は、VISI Modellingを使用して検討しました。車輪の構成設計にもVISIを使用しました。」下り坂でボブスレーを制御するには、運転手は車輪中央から体重を移動し、ボブスレーの軌道を曲げます。

Model Project社は、VISIを使って自由に概念設計、パラメトリック設計、詳細図作成が行える可能性を評価しています。特に、拡張自動寸法注記機能は、2人乗りボブスレーの設計には大変有用でした。

VISI Machiningは加工用工具軌跡を作成するために使用されました。「1つのシステム内に全てのデータを保持する事により、データ損失の危険性を取り除き、1人乗りと2人乗りボブスレーの短期間での市場投入を可能にします。」とNarettoは主張します。Giu dynとMaxi Giu dynは直にイタリア、フランス、そして世界各地の主要スキー場のスロープにお目見えします。

Model Project社は1972以降、家電、生物医学、自動車、電話機器産業界での主要企業向けデモ用モデル作成に特化して来たサービス企業です。

3台のEDM加工機で完全な機能試作品を作成し、デザイナは即座に製品形状とその機能を検証する事が出来ます。

Model Project社は15年前に、その優れた機能と使い易さの理由から一連のVISIソフトウェアを選定し、今もVeroが提供するその強力で、実用的、革新的なソリューションを高く評価しています。

 

ユーザー情報:

会社名: Model Project

Web: www.modelproject.it

 

 

導入効果:

  • VISI DesignとVISI Modellingを使ってボブスレーの最初の試作品を開発
  • ソフトウェアを使ってブレーキシステムを解析
  • 2人乗りボブスレーの設計に貢献した拡張自動寸法注記機能
 

コメント:

「1つのシステム内に全てのデータを保持する事により、データ損失の危険性を取り除き、製品の短期間での市場投入を可能にします。」

Marco Naretto
オーナー

 

前へ  |  次へ