VISI Flow ImageVISI Flow ImageVISI Flow Image

VISI Flow

製造業のための高機能CAD/CAMソフトウェア・ソリューション

樹脂成型部品作成は、金型設計と成型工程パラメータの最適化により良い結果が得られます。部品設計者および金型メーカーは、Vero独自の技術である樹脂流動解析機能により、費用対効果が高く信頼性の高いモールド金型設計と最適樹脂流動条件の利用が可能です。VISI Flow は特色ある予測ソフトで、樹脂成型部品の事前・事後生産解析とコンカレント・エンジニアリングに最適です。

機能概要:

  • 最初の統合CAD/CAEアプリケーション
  • 独自のソリッドメッシング技術(特許取得)
  • 短いモデル準備と計算時間
  • 正確な充填シミュレーション
  • 外観上の問題点認識
  • 複数成形変数
  • ファイバ方向付け
  • 樹脂データベースのカスタマイズ
  • 反り予測
  • 温度解析
  • 冷却レイアウトの最適化
  • 冷却と充填システムの取り込み
  • ガスアシスト成形、コインジェクション、オーバーモールド、クロスリンク解析


事前製品解析:金型設計を始める前の予備解析は、製造上の問題点を見つけ、是正するための最大限の可能性を見出すのに役立ちます。例えば、ウェルドライン、エアトラップ、最適ゲート位置などです。設計段階で部品解析を行う事により、最終製品の肉厚分布を解析し、最適な成型材料を使用する事も可能となります。潜在的な問題領域を予測する事により、金型修正と試し打ち費用を最低限に抑えた部品設計変更が可能です。

事後製品解析:部品が既に生産され、期待通りの結果が得られない時、成型シミュレーションは成型工程でのモールドキャビティ内の状況を理解するのを助けます。この手順は複数の是正作業の有効性を審査して、成型結果を効果的に改善するのに役立ちます。

コンカレント・エンジニアリング:P事前・事後生産解析は確かに有用ですが、全工程に関連していなければ、部品/金型/成型の全工程最適化は証できないでしょう。これは、統合化されたCAD/CAM/CAEシステムでの解析を通じてのみ可能です。設計環境と解析環境の間で連続的にデータをやり取りする事で潜在的な重要問題を認識し、効果的成型パラメータを設定し、ランナーと水管の配置を最適化し、そしてプラスチック部品作成の全工程に渡る問題を予測します。

費用対効果の高いソリューション:VISI Flowは、使い易いインターフェースをサポートし、モデル準備が簡単で計算が速い非常に費用対効果が高いソリューションです。25年前に射出成型シミュレーション市場に初めて投入されたVISI Flowは、高精度の有限要素解析機能として強力なVISI Modellingと結合しています。VISI Flowは、モールド部品/金型設計者とプラスチック射出成型エンジニアに、充填解析から反り解析、温度最適化解析までの一連のソリューションを提供します。

豊富なCADデータ変換機能:VISIはParasolid、IGES、CATIA V4およびV5、Pro-E、NX(UG)、STEP、Solid Works、Solid Edge、ACIS、DXF、DWG、STL、VDAの各ファイルを直接取り扱うことができます。豊富なCADデータ変換機能によりユーザは多くのサプライヤとのデータ授受が可能になります。大容量データでも容易に取り扱うことができ、また複雑な設計をしているユーザでも顧客から供給されるデータを容易に取り扱うことができます。

ランナーと冷却システム:多くの機能の1つに、最も重要なモールド金型機能の取り込みあるいは作成があります。それはランナー設計と冷却システムで、解析機能の中に含まれます。また、それらを比較解析計算のために簡単に編集することができます。

メッシュ分割技術(特許取得):独自開発のハイブリッドメッシュ分割技術を使って、VISI Flowは短い時間で真の3次元流動解析を行います。任意のCAD形状に適用出来るソリッドメッシュ作成機能により、VISI Flowを用いて短い時間でモデルを準備し、解析計算を行うことができます。メッシュ分割技術(特許取得)により、部品の大きさ・複雑度・肉厚には依存しない一貫した結果が得られます。

樹脂データベース:解析結果の精度は直接材料特性に関係しています。VISI Flow は幅広い種類とサプライヤに対応した豊富な材料データベースをサポートしています。新しい材料は絶えず開発され市場に投入されています。従って正確な成型材料データを保証し且それに適合させるために、VISI Flowは簡単に新しいポリマーの等級を加え、既存のデータを修正することができます。

充填工程:射出成型での充填工程は、溶融高分子のモールドキャビティへの充填に影響を及ぼします。多くの成型パラメータは、少ない入力手順で正確な成型サイクル解析をもたらします。これにより、成型の経験が少なくても解析を行い、使用する溶融高分子用の成型設定を確実に行えます。充填シミュレーションは、溶融樹脂が部品にどのように充填するかを予測・視覚し、潜在的な外観の問題点を特定する事を可能にします。また、型締力要件から適切な成型機を選択できます。充填モジュールは、圧力・温度・せん断応力・ファイバ方向等の成型変数を確認するための豊富な機能を提供します。

形状モジュール:形状モジュールは、射出成型サイクルでの保持と冷却中の溶融高分子の挙動を調べるために使用されます。この技術により、保持時間内での条件により引き起こされるひけや気孔のような成型欠陥を見つけ出すことができます。VISI Flow Shapeは、充填・保持・冷却の成型工程を計算した後、予測される最終的成型形状を視覚化し、評価を行います。軸方向変移視覚化・局所的そり計算・線形収縮・許容値内形状楕円変形などの計算結果を評価する多くの機能をサポートしています。必要であれば、 リバースエンジニアリングまたはモールド金型設計改善のために、そり変形したモデル形状を外部出力し、元のCADデータと比較する事が可能です。

温度モジュール:温度モジュールは、射出成型金型の詳細温度条件効果解析のための強力な機能です。VISI FlowをVISI Mouldと共に利用する事により、流動と冷却回路を抽出し、温度 シミュレーションに有効利用できます。温度モジュールは、プラスチックとブロック、ホットランナーとコールドランナー、高導電材料モールドインサート間での熱交換を含む全ての温度効果を考慮して解析をします。冷却システム解析機能により、冷却システムに関係したそり変形を視覚化し、最も短いサイクル時間を達成するために最良の配置を定義できます。その他、コアとキャビティの温度管理・挿入ブロックを通じての温度分布解析・製品押出し時間定義等の役に立つ機能を準備しています。

成型工程解析:他のオプションモジュールを使用すれば、シーケンシャルモールド・ガスアシスト法・2重成形・ オーバモールド技術・クロスリンク等級等の最新成型技術のシミュレーションが可能です。全てのモジュールがVISI Flow内でサポートされているため、システムは自動的に解析を実行するために、形状と樹脂に関連する主要な値を自動で入力します。