VISI Progress ImageVISI Progress ImageVISI Progress Image

VISI Progress

製造業のための高機能CAD/CAMソフトウェア・ソリューション

VISI Progressは順送プレス金型設計のための専用ソフトウェアです。業界に特化した機能により、生産性が高く効率的な設計環境を実現しています。設計支援機能を使用して、潜在的ミスを低減し生産性を改善できます。

機能概要:

  • 可変中立軸計算
  • 部品解析と曲げ検討
  • 自動平面展開
  • 段階的曲げ展開
  • 3次元ストリップ設計とせん断シミュレーション
  • 曲げとせん断応力計算
  • ユーザー定義金型テンプレート
  • パラメトリック部品ライブラリ
  • プレート加工
  • 金型変更による図面自動更新
  • 部品表自動作成

豊富なCADデータ変換機能:VISIはParasolid、IGES、CATIA V4およびV5、Pro-E、NX(UG)、STEP、Solid Works、Solid Edge、ACIS、DXF、DWG、STL、VDAの各ファイルを直接取り扱うことができます。豊富なCADデータ変換機能によりユーザは多くのサプライヤとのデータ授受が可能になります。またデータ読み込みの際に不具合データを読み飛ばすことができるので、一貫性のないデータがどこから来ているかを管理できます。大容量データでも容易に取り扱うことができ、また複雑な設計をしているユーザでも顧客から供給されるデータを容易に取り扱うことができます。


真のハイブリッドモデラー:VISIは、ソリッド・サーフェス・ワイヤフレーム、あるいはこれらの組み合わせを自由に操作できる柔軟な構造を持っています。ソリッドモデリングのコマンドには、ユナイト、サブトラクト、押出し、回転、スイープ、キャビティ、インターセクト、中空化などのブーリアン演算機能があります。ソリッドモデリングは設計の標準的手法となっていますが、簡単な形状に制限される制約がありました。しかし、サーフェスモデリングには自由曲面作成のためのより柔軟な機能と技術があります。サーフェスモデリングには、ルール面、ロフト面、ドライブ面、スウィープ面、nサイドパッチ面、接面、テーパ面、回転面、パイプ面作成機能があります。これらのモデリング機能と先進の曲面修正機能により、複雑な3次元形状の作成や読み込んだ形状の修復を簡単に行うことができます。

強力な曲げ展開機能:VISI Progressは強力な曲げ展開アルゴリズムにより、サーフェスモデルでもソリッドモデルでも展開することができます。展開ブランク形状は、標準的オフセット比率または自動中立軸算出式によって計算された中立面に基づいています。段階的展開により、設計者は動的に曲げ角を調整しながら各曲げ工程の検討を行うことができます。成型工程では必要に応じてリブやボスなどのパラメトリック形状を組み入れることが可能です。柔軟な編集機能により、ユーザは別の曲げ工程を追加・削除できるので、展開状況を容易に確認することができます。

柔軟なストリップレイアウト:部品の展開ブランク形状を作成した後、素早く3次元ストリップレイアウト設計が行えます。展開形状の自動整列、回転、最適化機能でより効率的なストリップ設計を支援します。パンチ設計およびレイアウトは、曲げ線を含んだ自動2次元ストリップ配置機能を使用することでより効率的に行えます。様々な自動または半自動機能を用いて、既に作成したパンチをドッラグ&ドロップを用いて、ストリップの別ステージに動的に移動させることができます。ストリップ上への3次元曲げ工程配置は円滑に行え、工程数を増減させながらストリップを容易に更新できます。どの時点でも必要なときに、修正用にストリップの幅やピッチなど全てのパラメータにアクセスすることができます。また3次元ストリップは設計の妥当性やパフォーマンスを確認するために、いつでもシミュレーションすることができます。

材料歩留りとプレス力の計算:ブランク材と金型内の各ステーションで使用される実際の材料を比較してストリップレイアウトの材料歩留りが自動的に計算されます。適切な金型設計に不可欠な打ち抜き力も、3次元形状と材料特性から計算されるせん断力、曲げ力、ストリップ力として計算されます。これらの力は、金型全体または特定のステーション毎に計算することができます。

金型アセンブリ:金型アセンブリ機能により、設計者は必要不可欠なピラーやブッシュとともに、ボルスタープレートのソリッドレイアウトを容易に作成することができます。個々のプレートのパラメータにアクセスできるので、金型レイアウトの修正が迅速かつ効率的に行えます。金型アセンブリは、一般にプレスストローク、ストリップストローク、パンチ高さ、金型ストローク情報を含むプレス作業に必要な全ての重要なデータを含んでいます。各々のアセンブリは金型テンプレートとして保存し、標準金型としてリストから選ぶこともできます。テンプレートは、別のストリップレイアウトに適用させることができ、その場合自動的に金型を新しいストリップの寸法に適合させることができます。金型アセンブリから部品表を作成し、2次元図面作成や部品発注など下流工程で利用することができます。

パラメトリック部品ライブラリ:VISI Progressは、ミスミやフタバなど主要なプレス部品サプライヤの標準部品をサポートしています。独自のパラメトリック部品ライブラリは素早く正確な標準部品の配置を可能にし、また配置した部品はいつでも修正することができます。各部品は、金型要件に合わせて編集できるように必要なパラメータを全て持っています。これには各部品取り付け穴の交差情報も含まれています。また全ての部品から加工データと部品表が作成されます。

非標準パンチ管理:トリミングおよび成型のための非標準パンチ形状自動作成機能により、設計を簡単かつ効率的に行えます。自動パンチ押出し機能により、金型アセンブリ各プレートでの全てのクリアランスを正確に設計できます。各プレートに関係するクリアランスパラメータは、いつでもどのようなパンチにでも適用できるテンプレートによって効率的に管理されます。パラメータに基づいて作成されるパンチヒール・サポートピン・パンチホルダーによって、非標準パンチ形状の迅速な設計と製造が可能です。

金型図面:2次元図面はソリッド金型アセンブリから直接作成されます。図面には編集可能な2次元形状、アイソメ断面図、自動プレート寸法および穴タイプとその座標表が含まれています。個々の詳細図は任意のアセンブリ要素から作成可能で、2次元図面と3次元レンダリング表示を混在させて表示することができます。標準カタログ部品断面図は、正確な詳細図表示が行われます。3次元モデルが変更されると連動した2次元図面も寸法線と共に変更されます。さらに部品表と個々の参照用風船記号を、専用のアセンブリ管理ツールを用いて図面に書き加えることができます。

加工モジュール:VISIのCAD/CAMは統合されているので、フィーチャ認識機能を用いて個々のプレート加工を実行することができます。穴加工フィーチャや開口部は自動的に選択され、適切な穴あけサイクルや2次元切削加工が適用されます。より複雑な形状に対しては、VISI Machiningを使用して3軸-5軸加工パス、高速切削加工パスを作成することができます。複雑なダイと対応するソリッドパンチはワイヤ加工モジュールで簡単に加工できます。設計から製造までの全作業工程を通して同一モデルデータを使用するので、データの一貫性が保証され、設計工程を円滑に進めることができます。